江戸東京博物館に行ってきたのだ

色々都合がついて江戸東京博物館へ。

今回は文章少なめ。見てきたものを写真でアップロードする。

f:id:wagahaiblog:20180722135425j:image

f:id:wagahaiblog:20180722135509j:image

f:id:wagahaiblog:20180722135532j:image
f:id:wagahaiblog:20180722135537j:image
f:id:wagahaiblog:20180722135528j:image

地下鉄ガンガン便利&複雑化だねとか。

 

 

他には

f:id:wagahaiblog:20180722135833j:image

解説悪意あるやろ! とか。

 

f:id:wagahaiblog:20180722135703j:imagef:id:wagahaiblog:20180722135726j:image

みゆき族五ヶ月しかいなかったのにこんなに言われてかわいそう、とか。

 

f:id:wagahaiblog:20180722135918j:image

悪ふざけ商品とか。

 

f:id:wagahaiblog:20180722135954j:image

言い過ぎ商品とか。

 

学校給食の変遷とか。

f:id:wagahaiblog:20180722140055j:image
f:id:wagahaiblog:20180722140107j:image
f:id:wagahaiblog:20180722140103j:image
f:id:wagahaiblog:20180722140059j:image

 

まとめた人の主観も多分に入るけど話のネタとして面白いデータとか。

f:id:wagahaiblog:20180722140137j:image

f:id:wagahaiblog:20180722140255j:image

 

 

f:id:wagahaiblog:20180722135617j:image

このディストピア感よ!とか

 

f:id:wagahaiblog:20180722140954j:image

団地の扉再現とかのニッチ企画とか。

 

 

今回三度目だけどこれはいつも言葉が出ない。

f:id:wagahaiblog:20180722140711j:image
f:id:wagahaiblog:20180722140707j:image
f:id:wagahaiblog:20180722140720j:image
f:id:wagahaiblog:20180722140716j:image
f:id:wagahaiblog:20180722140656j:image
f:id:wagahaiblog:20180722140703j:image
f:id:wagahaiblog:20180722140652j:image

 

わたしとドラクエ

ドラクエ歴はⅡ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ、Ⅶ、Ⅸ、Ⅺだ。

クリアしたのはⅢ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅸ

クリア後もレベルあげしたものは一つもない。

好きなドラクエはⅢで、ⅣとⅤはストーリーがシリアスでよかった。

 

ⅡとⅢとⅤは時折遊びたくなる。Ⅳはライアンの章が最初にあるんだなと思うとちょっとめんどくさい。4章から遊べればと思う。

 

ぽちぽちとボタンを押す戦闘も、簡素なテキストで書かれた物語も好きだ。何度も見て馴染んだ絵本をめくるような感覚だと思う。分かり切ってる物語や展開が楽しい。エコラリアとかと同じタイプの楽しさがあるのではと思っている。そんなわけで「ゲームしたい」と「ドラクエしたい」は別枠というか別腹のような欲求なのだ。わたしの中で。

 

最新作のⅪは途中でやめてしまった。魔王を倒す前、勇者の剣を作るところでやめている。テキスト量が増えたせいか、意味がある会話が薄いと感じてしまった。魔王と勇者について仕掛けがあるからその時点までは語らないのかもしれないが、20時間近く引っ張って何もわからないのは流石にキツイと思った。

ゲームが悪いのではなく、自分が歳をとって感受性が鈍ったのだと思う。フィールドやダンジョンの移動中に猛烈に眠くなってしまうのもあった。これは完全にわたしのせいだが。

 

そんなこんなで「ドラクエしたい」という自分の欲求を満たすのにはドラクエⅪは不適切だと感じてやめたのだ。で、スマホ版のドラクエⅢに手を出した。

パーティは勇者、盗賊、盗賊、盗賊。

全員でムチかブーメランなどの全体攻撃をしている。スマホの操作性に難はあれど、ゲームハードなしで遊べるってすごいなと思ったり。

そしてドラクエⅢを遊びながらわたしはとんでもないことに気づいてしまったのだ。

「これ、ゲームしなくても、ドラクエについて思い出してるだけで面白いぞ!」と。

 

かくして、ドラクエⅢの我が盗賊団はイシスのピラミッドを攻略したところで、冒険を終えた。

「思い出すだけで面白い」は身もフタもないがわたしの中で大きな発見だったので久しぶりにブログを書いた。

「思い出すだけで面白い」

「思い出すだけで愛しい」

「思い出すだけで幸せ」

どこまで、何にまで適用できるだろうか。

適用して許されるだろうか。

その許しは本当に必要だろうか。

わたしの新たな挑戦の始まりである。

ありがとうドラクエ

 

 

 

 

良い機会だから個人的なドラクエ攻略雑感を書く。

途中で投げるわ、クリアまでしか遊ばないわで信憑性は薄い。薄いが本人は割と自信あるのだ。(超迷惑な人)

 

ドラクエはブーメランが強すぎる調整だと思っている。

ドラクエにおいて強いとは何か。

それはピンチを打破する力とピンチに陥らない力だと思っている。

 ドラクエのピンチは

 ・敵の数が多い。

・MPが切れる。

・状態異常になってキーマンが動けない。

 ・ボスの攻撃が強くて回復が追いつかない。

 

なのだが、ボス以外の全てのピンチで「なるべく多くの人数でブーメランを投げる」ことで解決できる。

ブーメランに全体攻撃という特徴があるのなら「たまになくなっちゃう」とか「回数制限がある」とかの調整が必要だったなと思う。

あとダメージも大きすぎる。剣を100としたらブーメランは50くらいにしても十分強い。(今は80くらいだと思う)

それか次の相手にあたるダメージの減衰率を50%くらいにするとか。(今は20%くらいだと感じる)

今の調整では二人に攻撃が当たった時点で剣より断然強いのだ。

というわけでしばらくエアドラクエですが、もし我がドラクエⅢの盗賊団が冒険を再開した場合、4つのブーメランが唸りをあげるであろうことを思いつつ、筆を置きます。

 

 

カレカノを読んだのであった

漫画に旬というのもが存在するのなら完全に旬は過ぎているのだが、そんなことでひるむわたしではない。

そんなわけで漫画『彼氏彼女の事情』を読んだのだ。

で、読んだので家人にマインドマップを前にペラペラと喋ったのだ。

f:id:wagahaiblog:20170928203739j:image

 

結論から言うとカレカノの面白さの軸は

・不幸なエピソード

・私(主人公)だったらこうやって解決する

の2本柱だというのがわたしの感想。

おそらく作者はドラマや映画などの不幸な生い立ちのキャラやエピソードを見て「わたしだったらなんとかできるのに!」というモヤモヤを抱えていたのではないだろうか。そのモヤモヤを晴らす物語なのだなと読み終わって思った。

 

わたし自身も物語を見ながら「わたしだったらもっと上手くずるくクリアするな」と思うことは多いので、雪野に最も共感できた。

 反面、不幸なエピソードは金持ち一族の嫉妬と時代錯誤的なお家騒動であったり、本当はこの部分には作者は興味ないのだろうな、ということも感じられて少しキビシかった。子どもの頃読めば気にならなかったろうが。

 

マインドマップで緑に塗った

・言い合い

・学校イベントで大盛り上がり

・可愛らしい付き合い(初々しい付き合い)

あたりは、少女漫画の型なのだろうなーと思った。

 

少女漫画の問題解決は、少年漫画のバトルのように、クライマックスには言い合いがあるのだが、これはわたしの中で北野武のヤクザ映画を見た記憶と結びついて楽しかった。ヤクザ映画は敵を捕まえていたぶりながら、スジが通ってる通ってないの言い合いをするのだ。(で、スジが通ってないことを証明した後処刑する)

 

学校イベントは文化祭、体育祭、修学旅行で中心的な人として活躍し「疲れたけど楽しかったー」と描かれていたが、こういう話ばかり読んでいると実際それほど楽しくない学校生活を送ってる人はどんな気分になるんだろうとちょっと読者が心配にはなった。

全くの余談だが、わたしは女子の比率が高い高校だったので、文化祭では他校生のナンパが怖く、2年3年の文化祭ではサボって兄の下宿に遊びに行っていた。

 

初々しい付き合いの部分をニヤニヤ読むのは、それこそ少女漫画を読む動機の大半なのかなと。わたしもニヤニヤ読みました。

 

次はParadiseKissを読む予定。

 

ゲームリスト

人が集まった時のためにゲームリストを作っておく。

テーブル形式にできればいいが、ひとまずは「、」区切りで記載。

 

ゲームリスト

  • ゲーム名       遊べる人数   最小プレイ時間
  1. splatoon2、テレビ2セット〜、5分〜
  2. マリオパーティスターラッシュ、4人まで、30分程度
  3. NintendoLand、5人まで、30分程度
  4. WiiParty、4人まで、30分程度
  5. キネクトディズニーランド、2人まで(遊ぶ人を見るのがメイン)、15分程度
  6. レイマンレジェンド、5人まで、15分程度
  7. ゲームインワリオ(お絵かき)、何人でも、10分程度
  8. ドンキーコングジャングルビート、1人(遊ぶ人をみんなで見る)、10分
  9. モノポリー(紙)、3人〜、1.5時間〜
  10. どうぶつしょうぎ、2人、15分
  11. 3Dマリオ、4人まで、10分
  12. 2Dマリオ、4人まで、10分
  13. 12switch、2人、10分
  14. ゼルダ4つの剣プラス、4人、15分
  15. ゼルダ三銃士、3人、30分
  16. スマブラ3DS、4人、5分
  17. スマブラWiiU、8人、5分
  18. マリオカート、4人、10分
  19. ドカポンDX、4人、2時間
  20. モンスターハンターXX、4人、30分
  21. ラビッツランド、?、?(買ったけど一度も遊んでない

 

 

まだ工事中。

終わらない遊園地方式でどんどん追加予定。

 

用途を考えてテレビ専有とそうではないものを分けたい。

瞬間的な盛り上がりはレイマンのサッカーが最も高いとか、そういうことも書けたほうが良いか。

 

昭和に行こう

前回は江戸に行ったので今回は昭和に行こうという企画。 

 

江戸の話はこちら 

江戸に行こう - くだらないものを残そうとわたしはきめたのだ。

 

ちょっとだけ時間ができたので浦安郷土博物館に行ったのだ。ここでは屋外展示として昭和27年(1952年)の街並みが再現されたエリアがある。駅から微妙に遠いので、とても空いていて快適に過ごせる。暑ささえなければぼーっと縁側で座っているだけでも楽しめるだろう。

 

  

 しばし写真の連打で 雰囲気を掴んでいただければと。

f:id:wagahaiblog:20170709175610j:image

f:id:wagahaiblog:20170709175628j:image

f:id:wagahaiblog:20170709184324j:image

 

 

実際の建物を移築してあり、畳の上にも上がることができる。わたしは誰もいないので畳に寝転んだりした。

 

これが全体マップ

駄菓子屋さんでは駄菓子も買えるし、 天ぷら屋さんでは給茶機が置いてあり、休憩できる。f:id:wagahaiblog:20170709184549j:image

 

戦後の1952年ごろを再現したとは言え、陸の孤島と呼ばれた浦安なので、江戸の家屋との共通点も多い。土間に置かれたキッチンや、コンロ(かまど)と一体化した調理器具など。焼く調理の場合どうするのかと思ったら七輪と網がセットで置いてあった。

f:id:wagahaiblog:20170709183306j:image

 

 f:id:wagahaiblog:20170709182402j:image

f:id:wagahaiblog:20170709182440j:image

 f:id:wagahaiblog:20170709182453j:image

 

こちらは長屋の一室。

わたしもお年頃なので、男性の一人暮らしの部屋にはとても興味がある。

f:id:wagahaiblog:20170709184901j:image

このようなL字型におり曲がる板を使って収納スペースを生み出す工夫は江戸の頃からあった。この国の民は昔から見ようとしないものは無き者として扱ってきたのだ(突然の社会批判)それにしてもなんて名前の家具なんだろう。ちょっと欲しい気もする。

f:id:wagahaiblog:20170709184947j:image

 

 

時間の都合上、1時間以下の時間しかいなかったが、べーゴマやめんこ、浴衣の着付けなど、常駐ボランティアの方による催し物もあるようだ。

昭和と江戸の接合店が気になる方はぜひ。

Miiverseの夢見た世界に、ぼくらはまだいない

Miiverseについて語っておこうと思う。

 

Miiverseの夢見た世界について

Miiverseとは何か。

WiiUの発売と同時に始められた任天堂ウェブサービスである。どんなものかはこちらの動画を見て欲しい。

11分くらいから先がMiiverseの説明である。

 

Nintendo Direct Pre E3 2012 Ver.JP - YouTube

 

本当に素晴らしい。他機種で出たゲームでもMiiverseが付いてくるだけで全く体験が変わって来るような気さえする。

わたしはゲームセンターが大好きで、大学の頃の友達のほとんどはゲームセンターで出来たものなのだ。仕事をするようになってゲームセンターに行かなくなったが、(行けなく、ではない。行けたのに行かなくなったのだと言うべきだ)ゲームが人と人を繋ぐ架け橋になるのだという意見には全く異論がない。100パーセント賛成である。良いゲームは人を結びつけるが、悪いゲームでこそ繋がる結びつきもあることをわたしは知っている。かつてわたしはゲームメーカーCAPCOMに怒っていた。振り返ってみれば人生の1%くらいはCAPCOMに怒ることに費やされたのではないだろうか。ゲームセンターには平等な対戦が、気の合う友人が、気の合わないヤツらが、努力や工夫とそれを無にする理不尽が、不平等が、勝利と敗北に分かれる尊い乱暴さがあった。大人になった今なら、その価値がわかる。わたしはあの場所を愛していたのだ。

思い出のゲーセンはもうない。思い出のゲーセンその2ももうない。その3も4も5も……。

 

話が逸れた。

Miiverseのコンセプトは画期的だった。同じ時間と場所を過ごさなくても、同じゲームを遊ぶだけで繋がることができる。

夢のような話だ。夢のような話を現実のものにしようとした器がMiiverseだ。

 

 

Miiverseの現実について

実際はどうだったのか?

ここまで書いてあれだが、わたしはMiiverseをやらなかった。遠巻きに書き込みを読むだけで、「ちょっと子どもが多いな」とか、「イラスト描ける人はすごいな」とか、「家でゲームができる時間は貴重だからゲームだけしたいな」くらいの感想を持っただけだ。ツイッターから移住するだけの魅力を見いだせなかったし、もっとディープな人には動画配信の方が良かったのだろう。

 

やってないので何も語る言葉を持たないし、Miiverseの大成功のような話は寡聞にして聞かない。 (splatoonMiiverse上のお絵かきがステージに反映されるなどはゲーセンのコミュニケーションノートのようでちょっと嬉しかった)

どこかでかつてのわたしのゲーセンのような日々を送る人がいればいいと思う。

 

 

 

 

 

どこかで誰かが、で本当にいいんだろうか?

今ならMiiverseWiiU3DSのみならず、PC、スマートフォンでもログインできる。家にいる時間を使わずにできるだろう。

 

積んでしまっているゲームを、Miiverseを使いながら今一度取り組んでみようかと思った。

どのくらい残るものかはわからないが、いつかどこかで誰かと、時空を越えて繋がるかもしれない。きっと他にない経験になるだろう。

 

 

ひとまず、候補は以下3つ。

 

罪と罰 地球の継承者のHARD クリア

カービィボール クリア

マリオvsドンキーコング クリア

 

罪罰の地球はeasyのみクリア済み。

カービィボールはともだちんちで見かけたっきりでやったことない。

マリオvsドンキーコングは電車でちょくちょく遊ぶと楽しい。(腕や経験を言うんじゃなかったのか。

 

他にも何か面白そうなのあればリクエスト受け付けます。却下となっても、必ず理由をつけてお断りしますので是非是非。

ゲーム脳はかく考えり

‪わたしはゲームばかりしているので、ゲームで遊ぶ時の動機を意識するのだ。

ゲームの動機はすごく大雑把に言うと以下3つだと考えている。

‪①.セーブデータが成長する‬。
‪②.上達が見込める‬。
‪③.ゲームの手触りや体験が楽しくて遊ぶ。‬

 

最初に言っておくとわたしは③が一番尊いと思っていて、①や②は、③に至るために仕方なくあるものだと思っている。これは偏った考え方であることもまた自覚している。

 

モンスターハンターなどは、③になるために①を経る必要があり(やりたい動きのための装備を整えないとならない)、①に従事する時間が長すぎるため、いざ③の状況になっても①の動機付けが弱いためつまらなく感じたりすることがあって自分に驚くこともある。(こいつやっつけても別に素材いらないんだよな、とか。)

動機付けの部分で②の割合が強い人がストイックでカッコいいなと思うが、わたしはある程度のところで②がモチベーションとして働かなくなる。(ちょい下手くらいの腕で満足してしまうのだ)

①や②があるせいで、純粋に③の良さが曇るなと思うことさえあるのが悩ましい。(セーブデータが弱いからオンラインでキックするのは①に捉われすぎだし、下手だから語るわけにはいかないというのは②に捉われた結果だと考える。人によっては②以外は邪道だと思う人もいるだろうが)

 

ところでわたしはツイッターもやっているのだが、ここでは①も②も存在しないので、③の動機付けだけでいられてとても気楽だ。

と、ここまで書いて思ったが、人によってはフォロワー数を①と捉えたり、buzzる頻度を②と捉えたりしているのかもしれない。

最初に③を尊いとして書いたが、それほど良いものではないことを書いておいてバランスをとる。ツイッターや掲示板で男女問題、格差問題など社会的なテーマで日々突撃を繰り返しているソーシャルジャスティスウォリアーの方々の動機付けも③だろう。彼らにとっては戦っても戦ってもまた新たな敵が現れる構造なのだ。戦う姿が楽しそうに見えない&ともすれば苦しそうにも見えるのとむちゃくちゃ迷惑なことが気になるが。まぁそれはわたしの問題ではないので変えることはできない。ほっとこう。

 

なんの真理もなく、応用が効くのか効かないのかもわからないような考え方だが、ゲームをやりすぎたとある人物は、こんな風に世界を捉えるんだよというところで、オチもなくこの話は終わる。