99.京都に行ってきたのだ(ウソ)

京都に行ってきたのだ。

平等院鳳凰堂

f:id:wagahaiblog:20220312172019j:image

 

金閣

f:id:wagahaiblog:20220312172225j:image

 

ちょっと足を伸ばして法隆寺

f:id:wagahaiblog:20220312172355j:image

 

気が向いたのでホワイトハウス

f:id:wagahaiblog:20220312175302j:image

 

ついでにエジプトにも。

f:id:wagahaiblog:20220312172101j:image

 

というわけで、鬼怒川温泉東武ワールドスクウェアに行ったのだ。

各国の世界遺産や名所などが25分の1のサイズで展示してあるミニチュア遺跡テーマパークである。

このテーマパークでは、さしづめ我々はキングコングと同じようなサイズなので、キンゴコング気分や進撃の巨人気分を味わうこともできるのだ。

 

テーマパークの歴史を見ると

開園二年で来園500万人突破

その後五年で1000万人来園

次の十三年で1500万人、とやや苦戦している様子が伺える。

f:id:wagahaiblog:20220312173338j:image

 

しかし、海外旅行が難しい昨今、このワールドスクウェアの秘めたポテンシャルはうなぎのぼりになっている!(とわたしは思っている。あと、すごく空いてるので、感染が気になる方でも安心)

 

他にも、25分の1サイズにすることで身体感覚として規模感がわかり、新たな発見もあるのが実際に行った感想としてある。わたしはバッキンガム宮殿とヴェルサイユ宮殿の大きさの差など、ここに来るまで私は考えたこともなかった。

また、ミニチュアを作る行為とは、対象を深く観察し解釈して再現することなのだが、その行為自体の持つ、対象への暖かい眼差しや世界への信頼感なども感じることができる。

この記事を読んで興味を持った方は是非とも訪れて欲しい。大人の方が楽しめるだろう。

 

というわけで早々にネタバラシも終わったので順番に見ていこう。

 

 

国会議事堂

f:id:wagahaiblog:20220312175018j:image

 

 

東京駅
f:id:wagahaiblog:20220312175022j:image
f:id:wagahaiblog:20220312175014j:image

 

 

上野の国立博物館

f:id:wagahaiblog:20220312181132j:image
f:id:wagahaiblog:20220312181135j:image

 

 

旧国立競技場

f:id:wagahaiblog:20220312181225j:image
f:id:wagahaiblog:20220312181221j:image

 

 

東京タワー
f:id:wagahaiblog:20220312181317j:image

 

 

スカイツリー

f:id:wagahaiblog:20220312181353j:image

 

 

世界貿易センタービルとニューヨークの風景

f:id:wagahaiblog:20220312181441j:image
f:id:wagahaiblog:20220312181438j:image
f:id:wagahaiblog:20220312181432j:image
f:id:wagahaiblog:20220312181435j:image

 

 

ニューヨーク地下工事中

f:id:wagahaiblog:20220312182618j:image

 

港町の風景
f:id:wagahaiblog:20220312182624j:image
f:id:wagahaiblog:20220312182634j:image
f:id:wagahaiblog:20220312182627j:image
f:id:wagahaiblog:20220312182615j:image

すごいところに座る人たち
f:id:wagahaiblog:20220312182637j:image
f:id:wagahaiblog:20220312182631j:image
f:id:wagahaiblog:20220312182621j:image

 

エジプト

f:id:wagahaiblog:20220312182859j:image
f:id:wagahaiblog:20220312182856j:image
f:id:wagahaiblog:20220312182853j:image

 

コロッセオ

f:id:wagahaiblog:20220312183053j:image

f:id:wagahaiblog:20220312183045j:image
f:id:wagahaiblog:20220312183020j:image

コロッセオの中央アリーナは壊れていて、地下室がむき出しになっている。
f:id:wagahaiblog:20220312183038j:image
f:id:wagahaiblog:20220312183030j:image

 

ミラノのドゥーモは装飾が変態的。

f:id:wagahaiblog:20220312183631j:image
f:id:wagahaiblog:20220312183633j:image
f:id:wagahaiblog:20220312183628j:image

 

 

バチカンは規模の大きさに驚かされる。

観光客の入れないエリアの大きさもやばい。

f:id:wagahaiblog:20220312184044j:image

 

ロシアのこの寺院は建築の影響が見える。

f:id:wagahaiblog:20220312184716j:image

 

オランダからはこういう街並みがチョイスされた。
f:id:wagahaiblog:20220312184702j:image
f:id:wagahaiblog:20220312184709j:image
f:id:wagahaiblog:20220312184712j:image

 

国際司法裁判所ってこんなカッコいい建物だったんだな。

f:id:wagahaiblog:20220312184705j:image

 

バッキンガム宮殿は中央に噴水あるので、軍集めた時とか、退場順とかのルール決めてないと入り口でごちゃごちゃしそう。
f:id:wagahaiblog:20220312184720j:image

 

 

一見すると宮廷の中庭や公園のように見えるが、何か変な写真。

f:id:wagahaiblog:20220312185140j:image
f:id:wagahaiblog:20220312185146j:image

実はベルサイユ宮殿の裏手にある超巨大バルコニーの一部。規模がすごい。公園や広場だと思ったらバルコニーで、そのスケールに圧倒される。

f:id:wagahaiblog:20220312185200j:image
f:id:wagahaiblog:20220312185157j:image
f:id:wagahaiblog:20220312185152j:image
f:id:wagahaiblog:20220312185143j:image
f:id:wagahaiblog:20220312185149j:image

 

アンコールワット

f:id:wagahaiblog:20220312190259j:image

タージマハル
f:id:wagahaiblog:20220312190302j:image

 

というあたりで写真添付にも疲れてきた。

このあたりで唐突に謎のキャラクターエリアがある。

西遊記モチーフだろうか。

 

ハエ叩きを持ってキメポーズの武将。

f:id:wagahaiblog:20220312190504j:image

中央でブタが焼かれているが、それを待っているのは牛の武人。

f:id:wagahaiblog:20220312190458j:image

牛の武人は槍に魚を刺しているので魚を焼くために順番待ちしているのかもしれない。

 

 

エビの姿の武人が居て、コイツらは海の第三勢力っぽいが見た目が怖すぎるので和平の道は断たれた……
f:id:wagahaiblog:20220312190456j:image

 

頂点にブッダが居るが、悪役達の根城のようにも見える。どういう世界観かを推し量ることはできない。
f:id:wagahaiblog:20220312190502j:image

 

うーむところどころ西遊記っぽくあるのだが……

f:id:wagahaiblog:20220312191350j:image
f:id:wagahaiblog:20220312191335j:image
f:id:wagahaiblog:20220312191342j:image
f:id:wagahaiblog:20220312191346j:image

 

出入り口にある地球のモニュメント

USJでもディズニーシーにも似たようなものがあるが、ここはちょっと変わったギミックがある。

f:id:wagahaiblog:20220312192554j:image

 

なんと時間が来ると地球が開き音楽を演奏してくれるのだ。

f:id:wagahaiblog:20220312192702j:image

中身の人形の年齢層が高めなのも印象的だ。

他社ならば、こどもの楽団のようにするのではないだろうか。

f:id:wagahaiblog:20220312192658j:image

わたしもいい歳になってきたのでこういうものを見ると、まだまだわたしにも居場所は残されていそうだと、胸を撫で下ろすような気分になる。

 

 

まだまだ紹介しきれない写真があるが、実際に訪れる人の楽しみを奪ってもいけないと思うので今回はここまで。

98.冬の帝国の作り方

 本を買いすぎてしまった。

 移動時間で読める量を遥かに凌駕する量を買ってしまったので、とにかく読みまくらないといけない。

 ところでこのブログの読者諸君はどのようなスタイルで本を読んでいるだろうか。

 

 家でのわたしの一番の読者スタイルはこれ。

 うつ伏せ寝読み。

 横文字で言うと、グラウンドスタイルである。

f:id:wagahaiblog:20220115113447p:image

 腕が疲れたら横向き寝に移行することもあるが、横向きだと紙の本はやや読みにくく、本を持つ手が疲れる。

あと、うつ伏せ寝読みは腰に悪い。

うつ伏せ寝用にねおちピローなどを買ったが、やはり腰に悪い。肩が体重を支えるので肩にも良くない(ねおちピローは肩には効果ある)

 

 

 

 

次に多いスタイルはこれ。

椅子だけではなく机も使うが、オーソドックススタイルだ。

 

f:id:wagahaiblog:20220115113829j:image

これは座っている都合上、グータラ度が低く、全身がちょっとづつ疲れる。あと、冬だと寒い。

 

この2つのスタイルを切り替えながら、わたしは本を読んでいる。

 

しかし今回、本が多いためこの二つのスタイル切り替えながら読むだけでは、疲れてしまうのではないかと考えるに至った。

そこで新しいスタイルの開拓を行ったのである。

理想としたスタイルはこれ

f:id:wagahaiblog:20220115114623j:image

あとこれ

f:id:wagahaiblog:20220115114646j:image

 

 

それを実現するにはいくつかのガジェットが必要となる。

まずこれ。

プリズムを利用して視界を90度曲げるメガネである。これをつけて真っ直ぐ前を向くと足元が見えるのだ。

 

非常に特徴的なメガネなので、装着するとIQが300くらいあるように見える。

 

f:id:wagahaiblog:20220115115320j:image

f:id:wagahaiblog:20220115151013j:image

うーんIQ300。

 

あと布団。

少しだけ角度つけるためのもう一個の枕。

お腹の上に置く本を支えるクッション。

 

これらを総動員し、布団から出ずに本を読むのだ。

イメージとしてはラッコの貝割のようなポーズである。

f:id:wagahaiblog:20220115234058j:image

というわけで仰向けに寝て読書開始としたが、腕を出して本を持つ性質上、布団を胸の下くらいまでしか掛けられず、肩から上が寒いのだ。

 

かくなる上は!

このようなスナップボタン付きの膝掛けを使い、マント状に羽織る事でこの問題を解決した。

 

かくしてわたしは堅牢な冬の帝国を築き、ラッコのような姿勢でIQ300のメガネをかけ、厨二病のようなマントを羽織り、読書に勤しむのである。

 

眠くなったら、瞼を閉じるだけで眠れてしまう。

なんと画期的なことか!

なお、こちらで紹介した商品はややプリズムが小さく、視界が狭い。

 

改良版が出たとのことなので早速購入した。

使い心地に関してはこの記事にて追記するため、続報を心して待つがよいだろう!

 

97.シュタインズゲートってかっけーなー。

年末年始の休みを利用してシュタインズゲートを遊んだのだ。面白かったー。後半は先が気になって一気に遊んだ。

 


シュタインズゲートはタイムトラベルモノである。

以降タイムトラベルモノに関する複数の作品のネタバレがあるため、注意。

 

 

 


タイムトラベルモノの物語の結末には2つの型がある。

つまり

①「色々あったけどタイムトラベルで全部解決してオールハッピー」と

②「それを選ぶと犠牲があることを理解した上で、犠牲を受け入れて選択する」の2つである。/1

この後者の型だが、これは理解しないまま犠牲を払うよりも悲しみの濃度が高くなるため、その効果を狙って使われるものだ。


例えば映画「バタフライエフェクト」では、ある女性の不幸を回避するため、主人公は様々な可能性を探り、最終的に女性と自分との出会いを回避することを選択する。犠牲にしたものは『主人公の、彼女に対する想い』だ。

 

シュタインズゲートは『犠牲にするものをもっと重く切なくできないか?』というところから着想された物語だとわたしは思う。

その効果はあった。

おおおなるほどこれは悲しい。

 

 

ところで、タイムトラベルモノの物語は、その呼び方が存在する通り、ジャンルを成立させるほど、多くの作品が存在する。

同ジャンル作品から見て見劣りしないためにシュタインズゲートでは『タイムマシンというウソ』をリアリティあるモノにするための話の流れが存在する。

要は詐欺師の話術であり、わたしの愛するゴト、インチキ、ズルの類である。

シュタインズゲートに関する感想ブログなどはほかにたくさんあることから、このブログではこの話術に着目して語ることにする。

 

 

 

■タイムトラベルをありそうと思わせるまでの流れ

①タイムトラベルはこんな理由で実現できないよ。(本当)

②スイスにあるCERNはすごい施設があって、実は秘密の実験でタイムトラベルを研究しているが失敗している。(CERNは本当。秘密の実験はウソ)

③主人公たちのラボで作ったマシンの変な現象はCERNが行なっている実験で起きた現象に似ている。

④主人公たちの作ったマシンでもう一つ変な現象が起きていた。よく検証してみると全角18文字、半角36文字までのメールが過去に送られていた。(CERNでもできないことを自分たちで実現したのはリアリティ上無理があるので、超ショボくしてメールの文字だけとかならいけそうじゃない? イケるでしょの飛躍)


⑤文字情報が飛ばせるなら、記憶を圧縮して情報化すれば送れるよね。(飛躍2)


⑥主人公たちがショボいものを作れるくらいなので、未来の技術なら完全なタイムマシンが作れるよね(飛躍3)

 


という段階を辿っている。

 

 

こうして改めて並べて見ると、CERNのすごい施設の紹介で読者に驚いてもらい、その驚きの中、ドサクサついでに陰謀論的なウソを混ぜて、そこからどんどん膨らませていったのがわかる。


ふむふむ。なるほど。こういうやり口か。

覚えておこう。

大切なものを守るためにも、わたしは1ミリでも賢くならねばならないのだから。

 

とは言え、この「タイムトラベルをありそうと思わせるまでの流れ」自体はジャンルのファンに向けたサービスであり、最初から受け入れるつもりの読者には冗長ではないか、とも思ったが、まぁ読んで蘊蓄が増えることが読み物の価値だ、という流派もあるので、その流派なのだなと思う。

 

 

ところで全く話は変わるが、Dメールの文面はタイムトラベルの副作用ということでメールの本文が3つに分かれるという演出があった。

 


こんな風に。

画像1

f:id:wagahaiblog:20220105001749j:image


画像2

f:id:wagahaiblog:20220105001754j:image


画像3

f:id:wagahaiblog:20220105001808j:image

 

 


このように途中で途切れた文面を見るとわたしはあの事件を思い出さずにはいられない。

 

あの事件とは
ジョジョってかっけーなー。だけどスピードワゴンがストレイツォに殺されていった事件」である。

 


事件について説明しよう。

この写真を見て欲しい。

これはジャンプコミックス版のジョジョの奇妙な冒険の5巻の巻末の読者からのお便りコーナーである。

f:id:wagahaiblog:20220105001851j:image


ジョジョってかっけーなー。だけどスピードワゴンがストレイツォに殺されていった」

である。

奇妙な文章だ。

絵の垢抜けない感じといい、幼い読者が漫画の内容に衝撃を受け、自ら見た漫画の展開をそのまま書いただけのように見える。

 


しかし!

この文章には続きがあった!

長年コミックスのノド部分に隠された文字があったのである!

なんと、ジョジョの顔の左側に続きの文字が書いてあったのだ!

わたしはある時、コミックスを手に取りノドを開くことでその衝撃的な続きの文字を目撃した!

 


かくして、わたしはこのお便りを書いた人物への態度を改め、己の不明を深く反省することとなった。彼の名誉はここに完全なる形で回復したのである!

 


わたしから言えるのはここまでだ。

 


え?

ハガキの続きに何が書かれていたかって?

 


どうしても知りたければジョジョ5巻を買うか

ジョジョってかっけーなー」で画像検索してくれたまえ。

あなたの求めていた真実がそこにある。

 

 

 

 


シュタインズゲートを遊んでもわからなかったこと


①岡部がダルに送った最初のDメールで、なぜα世界線に飛んだのか。あのメールでダルが何か行動を起こしたとは考えにくいためよくわからない。

 

CERNへのハッキングでCERN内のデータベースから岡部のメールを消したけれど、CERN側が岡部への襲撃をすでに決めていたら意味ないのでは? (そしてその可能性は高い)


③8/17にCERNのデータベースのメールを消すことでクリスが消える理由がわからない。(メールは7/23のものだが)クリスは7/28を生き延びるのでは?


④トゥルーエンドルートで、唐突に「岡部が観測した事実は確定しているので、それを欺け」ということが出てきたけど、そんなのそれまでにあったっけ?

(余談だがトゥルーエンドルートは早々に「無駄なんだぁぁ」って岡部が諦めたりして、ライターが違うのかな? みたいな印象を受けた。制作者が描きたかったエンドはクリス編ですでに描き終えており、美少女ノベルゲームというジャンルの要請上、全員ハッピールートを作成する必要があったのだなと思っているので、トゥルーエンドルートは雇ったライターの裁量に任せたか?)

 

⑤岡部のリーディングシュタイナーの能力は何によって発生していたか。プレイヤーが岡部をカメラとして使ってることが影響している、とかあるのかなと思ったらそんな展開はなかった。

 

⑥ラボのビルからCERNに直通回線が伸びてる理由は? ラウンダーの天王寺が直通回線使うほどとは思えないので、トゥルーエンドに出てくる未来岡部が過去に戻ってビルやレンジやブラウン管などを配置した?(だったらもっとやれることあるよな)

 

 

とまぁ、わからないところがいくつかあるが、制作者の語りたかった骨子は理解したと思うのでこの記事を書き、その後いろんな考察サイトを見ようと思います。

96.教育虐待や反出生主義などについて考えて小説を書いたのである

わたしは趣味で小説を書いている。

今回、自分の中で関心の高い教育虐待や反出生主義などを考えて小説を書いたのであーる。

賞に出したのだが、落選したので公開。

小説の新人賞というのは一年に一回しか選考がなかったりするので、待機時間が長くてキツい。

 

題材自体が珍しいし、書いてる結論も珍しいと思うので、きっと人類があと10年後くらいに理解する考えなのだろうと思うことで落選の傷を癒すことにする。

 

というわけでURLを貼る。

 

こどものはなし(我那覇キヨ) - カクヨム

 

 

 

95.欲しかったものを買った話

わたしの弱々しくも恥ずかしい過去をきみに教えよう!

 

わたしは、こういう人通りのない場所で、道幅の広いコーナーエリアを見かけるたびに「ここにベンチがあれば..…」と思っているもやしっ子だった。

f:id:wagahaiblog:20211206235249j:image

 

しかし! 今は違う。

違うのだ!

 

f:id:wagahaiblog:20211206235656j:image

これを!

 

f:id:wagahaiblog:20211206235712j:image

こうして!

 

f:id:wagahaiblog:20211206235749j:image

こうやって!

 

 

f:id:wagahaiblog:20211206235855j:image

こうなる!

 

f:id:wagahaiblog:20211206235927j:image

あとはこうやって座るのだ!

あ、ペットボトルは大きさ比較用です。

 

座面サイズはこんな感じ。

f:id:wagahaiblog:20211207000809j:image

 

というわけで折り畳みの一脚椅子を買ったのだ。

 

これで昼休みに公園まで移動し、ちょうど良い木陰のベンチを探して彷徨う必要がなくなった。読書の時間も、考え事の時間も、Twitterの時間も! 移動時間を省いて最大化することができるのだ。

ちょうど良い木陰さえ見つければ、そこはもうわたしのテリトリーなのだ!

 

ちょっとの位置調整ならば折りたたまずとも持ち歩けるし、なんなら歩きながら畳むことだってできる。

 

「都会はお金を使わず何もしないで居られる場所がない。公園のベンチは足りない。ベンチ以外にも巧妙な排除アートが施されていて、ちょっと腰を落ち着けることができない」

ということは常々思っており、その政治的解決を心より願う者ではあるが、ひとまずわたしは道具を使ってイチ抜けすることにしたのだ。

 

これをカバンに潜ませていると、街のどこでも休むことができる。自信満々に街を闊歩するサラリーマン、オフィスレディなどを見ながらも「でも、きみたち、疲れたらちょっと休むこともできないんでしょ? わたしは違うけどね」

とどうでもいい自信が胸から湧いてくる。

 

こういうどうでもいい些細な自信の積み重ねがわたしを支えているのだ。

 

欠点は一脚なので、座って寝ると多分危険だということ。

読書→眠くなる→歩く→また読む→

の感じで使って行けたらなと。

 

 

素晴らしい製品はこちら!

 

 

94.ゴトが如く

すっかり更新がご無沙汰になっていたが、みなさまお元気であろうか。

わたしがスマブラを下手なりに遊んでいることはこのブログで何度か触れた。

 

今回、プレイ環境に大きく影響がありそうな変化があったので報告させていただく。

 

きっかけはぷらんぐりさんと言う高名なリンク使いの方の動画であった。

リンク先はぷらんぐりさんのチャンネル

ぷらんぐり. - YouTube

 

ブーメランについての解説動画などは非常に参考になった。

とても丁寧に説明してくださり助かる。

【スマブラSP】ブーメランの全て - YouTube

 

動画で知ったことをまとめると「ホリパッドFPSというコントローラーは、事前にPCで設定することで任意のボタンを押してる間のスティックの傾きの上限値を決めることができる」ということになる。

この製品仕様は非常に魅力的。

なぜならスマブラではスティックの傾け量に応じて、歩き〜ダッシュまで操作が変わり、一部の技にもスティック傾き量が反映されるため、非常に繊細な操作が要求されるシーンが多いのだ。

というわけで早速購入した。

株式会社 HORI | ホリパッド FPS for Nintendo Switch / PC

 

そこで作った設定と、それでできることについてここでは書いていきたい。

 

■設定1■

背面ボタン押下中、Lスティックの最大傾きを80%にしたもの。

①リンクの横Bのブーメランが必ず弱投げできる。(背面ボタン押しながら横B)

②リンクの盾を構えながらの歩行が必ずできる。(背面ボタン押しながらLスティックで移動)

 

■設定2■

背面ボタン押下中、Lスティックの最大傾きを49%にしたもの。

こどもリンクで左右打ちたい方向に最速でNBが撃てる(背面ボタン押しながら横B)

こどもリンクの盾を構えながらの歩行が必ずできる(背面ボタン押しながらLスティックで移動)

 

①などはぷらんぐりさんの動画で触れられているが、③もなかなかに強烈。

こどもリンクで確実に引きステップ振り向き最速弓が撃てる」のだ。

 

②、④の盾歩きだが、こどもリンクの盾歩きはLスティック傾き50%越えで盾を構えないスキップ歩きになってしまう。大人は80%でも余裕で構える。

こどもは落ち着きがなく、大人は落ち着きがあることが表現されている……のだろう。多分。

f:id:wagahaiblog:20211202092816j:image

この盾の上が削れているところなども、きっとヒマな時にうっかりリンクがかじったりした結果なのであろう。

こどもだから仕方ないのだ。

 

さて、長々と書いたが、察しの良い読者は「こんな細かな設定ができるコントローラーを使うのってアリなの?」

という点が気になっていると思う。

わたし個人は、かつてゲーセンで遊んでいた人間として「どんなふにゃふにゃのレバーでもそれが一期一会。環境に耐える力も実力の内である」と思ってきた。

現在の家庭用ゲームでの対戦は、みな自前のコントローラーを使うので、環境のマイナス方向のブレは減ったのだろうなと思う。(回線の問題は今回扱わない)

このホリパッドFPSの問題は、環境のプラス方向のブレの問題である。利用者のみに作用することも特徴的だ。

要するに「ホリパッドFPSはズルだ。インチキだ。ゴトだ!」と対戦相手が感じるかどうかについてだ。

これに関してはなんとも言えない。相手によるとしか言えないだろう。わたし個人としては「別に構わない」だが、人によっては受付られない方もいるだろう。わたしも連射コントローラーを最大活用されたら閉口する。

とは言え、「人によります」のような結論で終えても面白くないので今回強引に結論を出そうと思う。

 

「ホリパッドFPSはゴトなのか?」

これにはまずゴトの定義を調べよう。

ゴトの定義とは以下となる。

f:id:wagahaiblog:20211202103157p:image

 

ーー引用

ゴトとは、パチンコやパチスロに於いて不正な方法で出玉を獲得するいかさま賭博。語源は「仕事」の略。「ゴト行為」という表現をすることもある

ーー引用終わり

なるほど。ゴトとはパチンコの話なのか!

ということはつまり……

問に対する答えは「ゴトではない(パチンコではないので)」となる。

 

いやーこどもリンクのNBが「炎の弓矢」でよかった。原作再現にこだわって「妖精のパチンコ」だったらゴト認定であった。危ない危ない。

f:id:wagahaiblog:20211202191610j:image

 

 

最後に「如く(ごとく)の活用系「如し」の意味を貼り、怒涛のタイトル伏線回収を行なってこの記事を終了とする。

f:id:wagahaiblog:20211202105353p:image

 

12/09 追記

自分の設定が固まってきたので公開する。

 

まずはボタンマッピング

f:id:wagahaiblog:20211210000952p:image

次にLスティック感度

f:id:wagahaiblog:20211210001533p:image

 

解説すると

背面ボタンはどちらもLスティックの感度変更ボタンとした。背面ボタンを押してる間はLスティックの最大感度が48%になり、横Bの入力で任意方向にNBが出せる。

ボタンマッピングの初期設定では、このスティック感度変更ボタンがどこにもマッピングされていないので注意だ。

 

背面ボタンを押していない時のLスティック感度も調整した。スティックちょい倒し時点で70%〜80%となり、端まで倒すと一気に100%となる。これによってちょい倒し横Bの入力で確実に弱ブーメランとなるようになった。

 

デッドゾーン3%は、スティックを50回弾いた時に反対側にほんのちょいスティックが入ることが確認できた(跳ね戻り入力というやつ)ため。デッドゾーン設定後は跳ね戻り入力は起きていない。

 

こどもリンクなどでちょい歩きしたい時は背面ボタン押しながらLスティック。

・振り向きNBが出したい時は出したい方向にスティック倒しながら背面ボタンとB(ほぼ同時で問題なく出せる)

・弱ブーメラン投げたい時はスティックちょい倒しでNB。(普通のプロコンだとNBや強ブーメランに化けやすい)

・強ブーメランやスマッシュはいつも通り。

 

という形で運用できるかなと思っている。

 

個人的にはこどもリンクで吹っ飛ばされた時に最速振り向きNBで崖に向きを合わせ、ワイヤー復帰、という動きができるのではないかと楽しみにしている。

 

12/21

この設定ダメです!

というのもジャンプ中の横Bが上Bや下Bに化けまくる。

ほんのちょっとスティックが上下に入ってるだけで上下への入力が50%を超えていると判定されるため、優先順位の関係で上Bや下Bがでます。

致命的な事態が起こるので左スティックの感度は初期設定に戻しています。

93.コロナに対する2021年10月7日のわたしの態度

まずは10/4のニュースから

 

NZ首相、「コロナゼロ」戦略断念 デルタ株封じ込めできず

https://www.afpbb.com/articles/-/3369261?cx_amp=all&act=all

 

以下引用-------

ニュージーランドは、新型コロナウイルスの根絶を目指す厳格な政策により国土の大半が流行から守られ、国境封鎖下で国民はパンデミック(世界的な大流行)以前に近い日常生活を送っている。しかし、人口の多いオークランドで8月に発生した半年ぶりの市中感染は、7週間に及ぶロックダウン(都市封鎖)を実施した後も感染者数の減少に至っていない。

 アーダーン氏は記者会見で、感染力の強い変異株「デルタ株」が局面を一変させる「ゲームチェンジャー」となり、ウイルス根絶ができなくなったことが確認されたと語った。

「長期にわたる制限を導入しても、(感染者数が)ゼロになっていないのは明らかだ」

 アーダーン氏は、コロナゼロ戦略を直ちに撤回するわけではないとしつつ、オークランドのロックダウンについては新規感染者数が減らなくても一部緩和する方針を示した。

 

------------

 

うーむ。マジか。

一度数をガツンと減らして、即時検査と即時保証と隔離とやればイケるもんだと思っていたのだが、デルタ株の前では無理なのか。

 

うーむ。

では今まで通り以下①〜⑤をやっていくしかないのか。

 

①自分の家以外では基本的にマスクをつける。

②こまめに手洗いを行う、アルコール消毒も同様。

③人が多く、前述の①と②が守られない可能性の高いところへはいかない。

④ワクチンを定期的に打つ。(政府頑張れ)

⑤普段接点の無い人との交流はなるべく避ける。

 

③と⑤に関しては人によって基準が曖昧になる。ここは厳密に決めた方が反発が出るので、終わりが見えない今では個人に裁量を預けた方が良いかもしれない。

 

我々庶民はこの状態で生活が成り立つようにちゃんと稼いで行く必要がある。生活を成り立たせるためにある程度リスクを冒す必要のある方もおられるだろう。なんとかそういう方に補償のようなものがあればいいのだが。

 

で、日々の感染者数を政府がチェックしながら、増えてきたら緊急事態宣言を随時出す。

宣言の期間中は③と⑤の基準を個人個人が変える。

 

まぁそれはこれまで一年半やってきたことと変わらないのかな。

④のワクチンが増えたのがグッドニュースだが、まだまだ終わらないんだなと思い、暗い気持ちになっています。

 

 

わたしをリアルで知っていて、これがまだまだ続くと困るという人は連絡ください。

なんとかできることがないか一緒に考えます。

 

この記事はもうしばらく時間が経ったあとに「この時の態度は間違いでした。ごめんなさい」と言うために書いて残しています。