読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめに

自己紹介 ゲーム

 自分の寿命があと何日とも知れない状況になった時、わたしは遺言として何を残すだろうか、と考えてこのブログを始めました。

 主に扱う内容は、私がプレイしたゲームの感想です。あれ楽しかった、ここでマジむかついた、とかを貧困な語彙と野蛮な品性で綴っていく予定です。寿命がそれほど長くない人間が書いているため、調べる時間がなく不正確な情報が記載されます。

 「おまえ、死の際にゲームの話かよ」と思われるかもしれませんが、そこはそれ。私なりに、私が死んだあとに家族が私を思い出すために最適なものを、私は残しているつもりなのです。

ブログは電子なので場所もとらない。

字がヘタでも読みやすい。

物理媒体に依存しないため、無くしてしまうことない。

文明には足を向けて眠れませんね。

 

 私は 万葉集が国家プロジェクトだったこともすごく好きで、それもこのブログ開設の遠い動機になっています。

お金をかけて残そうと思ったものが役に立つわけでもない「歌」であり、それが今にも伝わっているという事実は、これちょっとすごいことじゃないですか。

歌の内容には一部今の価値観では受け入れがたいものもありますが、それを含めて残したのもすごい。

そう。このブログはそうした、他人にとって受け入れがたい部分も含めて、残せればいいなと思っています。

家族はそれを読んで思い出すかもしれないし、思い出し怒りすることもあるかもしれない。

そういうことである種の生き返りを目指したブログなのです。

 

 なお、筆者は特に持病もなく健康体で、寿命が短いわけでもないので、過剰な感情移入は不要です。怒って文句を言いたくなった時だけ「コイツもう寿命が短いんだな」と思い直してご容赦いただけたらと。

「そういう設定で読んでくださいね」というお願いです。

こういうことを言うやつなんです。私は。

合わないと思ったら読まないこと。